なぜなに金属除去 その7 毛根に影響のある金属は?



前回までのなぜなに金属除去シリーズ

その1金属のイオン化

その2イオン化した金属がなぜ悪いの?

その3金属アレルギーの疾患

その4アレルギーの発見方法

その5アレルギーの発症

その6金属アレルギーで薄毛?



ケラチンに免疫細胞が作用することでタンパク質を破壊してしまうというお話を前回はいたしました。


金属アレルギーの発症のタイミング、重症性に個人差があるように、髪への影響の有無についても個人差が大きくあると考えられます。ですので、金属アレルギーがあるからといってすぐ髪に影響がある方とない方がいらっしゃると思います。


また、特に発毛に作用するタンパク質を破壊する金属はニッケルだそうです。

ニッケルはアレルギーを引き起こすことが最も多い金属だそうです。ニッケルは歯科治療でよく使われ、お口によく入っている金属ですから、お口の金属を除去することで発毛問題が解決することもあるということになります。


体の不調以外にも薄毛の傾向を感じていらっしゃる方は、金属検査、お口の金属除去を考えてみられてはいかがでしょうか。



参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/seikatsueisei1957/31/2/31_2_64/_pdf

https://www.pro-dotto.com/onepoint.html

https://www.nonmetal-osaka.com/metal/metal.html

http://aga-answer.com/reason/2691/


ウィキペディア 金属アレルギー、アレルゲン 項目


#金属除去 #金属アレルギー #英語で治療も #スピーディーな治療 #丁寧な治療 #わかりやすい説明 #東急田園都市線 #市が尾駅すぐ #市が尾駅前プラーザ歯科 #横浜市青葉区 #横浜市歯科 #Englishtreatment #歯科金属アレルギー症状 #掌蹠膿疱症 #頭痛 #疲れ #疲労感 #不眠 #不定愁訴 #体が硬くなる #薄毛 #老化促進 #口内炎 #口唇炎 #口角炎 #舌炎 #口腔扁平苔癬 #味覚異常 #接触性皮膚炎 #湿疹 #アトピー性皮膚炎



閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示