top of page

なぜなに金属除去 その5 アレルギーの発症




前回までのなぜなに金属除去シリーズ

その1金属のイオン化

その2イオン化した金属がなぜ悪いの?

その3金属アレルギーの疾患

その4アレルギーの発見方法





お口の中に金属があってもアレルギーが出る人、でない人がいらっしゃいます。

その違いは何かというお話です。


アレルギーになる要因に晒されていれば、人はすぐにアレルギーになるのかというとそういうわけではありません。


それは人によってアレルギーの許容量が違うからです。


花粉症などもそうですが、人によってアレルギーは発症するタイミングがそれぞれ違います。花粉、金属などアレルギーの対象によっても同じことが言えます。

それは、体のアレルギーに対する許容量がそれぞれ異なっているととが原因です。


出典:http://aga-answer.com/reason/2691/ 


ご自身のアレルギーの許容量が大きい場合は、一生発症せずに済むかもしれません。

残念ながらこのタイミングはご自身にもお医者様にもわかりません。


ただ、花粉などと異なり、お口の中に金属がある場合はまさに24時間365日金属がお口の唾液を通じてイオン化して体内に取り込まれるというお話は前回までにさせていただいた通りです。


金属がお口の中に入っているということは、常に金属アレルギー要因を体の中にどんどんと溜め込んでいると言っても過言ではないでしょう。これがどれほど体に様々な影響を与えるか想像にかたくありません。





参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/seikatsueisei1957/31/2/31_2_64/_pdf

https://www.pro-dotto.com/onepoint.html

https://www.nonmetal-osaka.com/metal/metal.html

http://aga-answer.com/reason/2691/

ウィキペディア 金属アレルギー、アレルゲン 項目


#金属除去 #金属アレルギー #英語で治療も #スピーディーな治療 #丁寧な治療 #わかりやすい説明 #東急田園都市線 #市が尾駅すぐ #市が尾駅前プラーザ歯科 #横浜市青葉区 #横浜市歯科 #Englishtreatment #歯科金属アレルギー症状 #掌蹠膿疱症 #頭痛 #疲れ #疲労感 #不眠 #不定愁訴 #体が硬くなる #薄毛 #老化促進 #口内炎 #口唇炎 #口角炎 #舌炎 #口腔扁平苔癬 #味覚異常 #接触性皮膚炎 #湿疹 #アトピー性皮膚炎

閲覧数:59回0件のコメント
bottom of page