top of page

電磁波の体への影響



続きまして、電磁波の体への影響をご紹介します。


刺激作用: 体内に誘導電流が発生し、神経や筋などを刺激する作用

感電するとピリピリちくちくしますよね。


熱作用 : 人体に当たると全身・局所の温度を上昇させる。発熱作用。


非熱作用: 刺激作用や熱作用を引き起こさないレベル、

低いレベルでの電磁表車線によって引き起こされるさまざまな作用


電場 :皮膚の表面に変化を与え、自律神経に変化

磁場 :発がんの可能性、内臓疾患、白血病の可能性

高周波:熱を生じるため生体に影響を与える可能性がある

がん発症率の上昇、頭痛、発熱、めまいなど症状や睡眠、学習能力への悪影響


参考:びんちょうたんこむ 

身の回りの電磁波と対策方法 丸山修寛

閲覧数:9回0件のコメント

Comentarios


bottom of page