金属アレルギー検査は必要?



こんにちは、市ヶ尾駅前プラーザ歯科です。


金属除去の前に金属アレルギーテストってしておいた方が良いのかというご質問を頂戴することがあります。


今回はIT担当の経験をお話しさせていただきますね。

私はクリニックで全ての金属を除去していただく前に皮膚科に行って金属アレルギー診断をしていただきました。


なかなかやっていただけるクリニックがないのでずいぶん探してお伺いしました。


金属アレルギーテストは、その金属の成分のついたシールのようなものを数日貼っておいて、皮膚に赤みや湿疹が出るかどうかで判断するものでした。


とはいえ、金属アレルギーテストも種類が少ないと歯科で使われているような成分が検査項目に入っていません。


その結果、多少の反応はありましたが明確に「この金属のアレルギーです!」という診断は出ませんでした。


もちろん、金属が長く入っていることで特定の金属に対するアレルギー反応が出ることもありますが、治療にいらっしゃる方を拝見している限り(私も含めて)金属アレルギー反応が明確に出ないこともあります。


とはいえ、どの金属がかぶれやすいのか、アレルギー反応が出やすいかはわかりますので、身につけるものや使うものを選ぶ際の良い判断基準になると思います。


私のように金属はもとより、失活剤としてヒ素が使われているような場合、金属の反応よりもヒ素の影響で体に不調が起こっている可能性があります。これらは検査ではわかりませんので開けてみるしか仕方がなくなります。


私の場合、そのヒ素が多くの体の痛みを引き起こしていたので、先生に外してもらった途端、入っていた方の体がふわりと楽になったのを感じました。

そのように、昔の治療では金属以外の要因で原因不明の痛みや体の不調を引き起こしていることも考えられます。


ですので、金属アレルギー検査の結果だけでは判断せずに、ぜひご来院の上ご相談してみてくださいね。市が尾駅前プラーザ歯科ではしっかりと患者様のお話を伺って、最善の治療法を一緒に模索して参ります。





閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示