top of page

歯磨きの目的とは?

更新日:2019年8月23日



今日は金属除去のお話はお休みして、古館健先生の著作、「歯がきれいだと健康で長生きできる」から歯磨きのお話をいたしましょう。


健康なお口を維持するためには健康な歯と歯茎でいることが基本です。


歯磨きの目的は食べかすを取ることだけではありません。

前歯の前後を舌で舐めてみて、もしザラザラしているのであれば、虫歯や歯周病の原因となる「細菌性バイオフィルム」がついていることになります。


このバイオフィルムがデンタルプラーク、よくプラークと呼ばれているものです。


このザラザラは、いわば台所のシンクについたぬめりのようなものです。これらのプラーク1gあたりに1000億以上の細菌が存在しています。


このザラザラは時間が経つと病原性が強まります。これらが虫歯、歯周病、肺炎などの原因となっていきます。歯磨きによってこれらのプラークをとることができます。磨き残しのプラークが48時間経つとその約半分が歯石になってしまい、歯磨きではとることができなくなってしまいます。


まずはご自分の歯を舌でチェックしてみてくださいね。ザラザラしているようならよく歯磨きをして、それでもすっきりしないようでしたら、歯石とりのご予約を!










閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月18日はよい歯の日!

みなさんこんにちは、Xで人気の漢方アドバイザー、国際中医薬膳管理師、中医学養生管理士でいらっしゃる、なおみん先生によると、今日は良い歯の日だそうで、乾隆帝の健康法をご紹介されていたのでシェアさせていただきますね。 気になったのでさらに調べてみますと、やり方を紹介したサイトを発見しました。その中から抜粋させていただきますね。 一、 歯常叩(チイヂャンコウ=歯をたたく) 民間のことわざに、「朝に歯を音

Comments


bottom of page