top of page

歯と入れ歯に優しい!お餅の正しい食べ方と口内ケア




市が尾駅前プラーザ歯科では、患者様の口内健康を第一に考え、日常生活におけるさまざまな食環境が歯に与える影響についても情報提供を行っています。今回は、特に日本の伝統的な食べ物であるお餅が歯、そして入れ歯に与える影響に焦点を当て、その対処方法や自宅でできるケアについてお話しします。



お餅は粘り気が強く、歯に付着しやすい性質を持っています。これは自然な歯だけでなく、入れ歯にとっても問題となります。入れ歯にお餅が付着すると、清掃が困難になり、バクテリアの増殖を招く可能性があります。これは口臭や口内炎の原因となることがあります。

お餅を食べた後の歯については、糖分が口内の細菌によって酸を生産し、虫歯を引き起こすリスクがあります。また、粘着性によって歯垢が歯に付着しやすくなり、歯周病の原因となる可能性があります。


これらの問題に対処するためには、お餅を食べた後の口内ケアが非常に重要です。食後すぐに水で口をゆすぐこと、そして可能であればブラッシングをすることが推奨されます。特に、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、歯と歯の間に残ったお餅を除去することが重要です。



入れ歯を使用している方は、お餅を食べた後に入れ歯を取り外し、専用のクリーナーで丁寧に洗浄することが重要です。入れ歯を清潔に保つことで、口内環境を健康に維持することができます。



市が尾駅前プラーザ歯科としては、お餅を含むあらゆる食品に対して適切な口内ケアを行うことの重要性を強調しています。また、定期的な検診によって早期発見・早期治療を促すことで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。お口の健康に不安がある方は、ぜひ市が尾駅前プラーザ歯科にご相談ください。早めの対応が、健康な口内環境を維持する鍵となります。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月18日はよい歯の日!

みなさんこんにちは、Xで人気の漢方アドバイザー、国際中医薬膳管理師、中医学養生管理士でいらっしゃる、なおみん先生によると、今日は良い歯の日だそうで、乾隆帝の健康法をご紹介されていたのでシェアさせていただきますね。 気になったのでさらに調べてみますと、やり方を紹介したサイトを発見しました。その中から抜粋させていただきますね。 一、 歯常叩(チイヂャンコウ=歯をたたく) 民間のことわざに、「朝に歯を音

Comments


bottom of page