top of page

原始人の歯


原始人は精製たれた砂糖を食べなかったので、滅多なことでは虫歯にはならなかったのだ。にもかかわらず、歯痛を始め、口の中の病気は多かった。そのほとんどは、彼らの顎の筋肉が強かったことと、調理時にすり鉢の砂や土や塵が入り込んで食べ物がざらついていたことが合わさって生じる「歯のすり減りすぎ」が原因だった。

あらゆる先史文化の歯の遺物にひどい摩滅が見て取れる。原始人の短い一生が終わる頃には歯がすり減って歯髄が丸見えになることも珍しくなかった。重症の歯肉炎を示す歯の損失も遺物からわかる。 


P7 歯痛の文化史 ジェイムズ・ウィンブラント著 忠平美幸訳 朝日新聞出版


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


市が尾駅前プラーザ歯科は即戦力となる歯科衛生士さんを現在募集しております。


明るく風通しの良い職場で、駅からも近いので通勤も便利です。残業もありません。

給与や勤務時間、勤務条件などについては相談の上柔軟に対応したいと考えております。


先生の治療の先を読み、スムーズに治療を行う歯科衛生士としてプロフェッショナルなサポートができる方からのご応募をお待ちしております。


求人の詳細につきましてはハローワークの情報をご覧ください。リンク


お問い合わせはメール、お電話いずれでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。






閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page