ビタミンDで秋冬を元気に過ごす準備を始めましょう


UnsplashMichele Blackwellが撮影した写真



こんにちは、今日は夏が戻ってきたような日差しでしたね。


夏の間はビタミンDは日差しをたくさん浴びることで体内で生成されるのですが、どんどん涼しくなってきて、曇り空が多くなるとビタミンDを意識的に取ることがおすすめです。


まず、歯科との関わりで申し上げますと、ビタミンDには歯や骨を形成するカルシウムを運ぶ働きがあるからです。カルシウムが過多になるとよくないのでマグネシウム(にがり)も必ず意識的に取るようにしてくださいね。



寒くなってくると気分が落ち込んだり、誰とも会いたくなくなったりちょっと寂しい気分になったり落ち込んだりしがちですが、そのような時にもビタミンDが効果的です。日差しが弱くなることで気持ちも落ち込んじゃうのもビタミンDで解消されるという論文を紹介している記事を見つけましたので興味のある方は是非こちらをご覧くださいね。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示